補聴器といってもひとりひとりに必要な要素は変わります。
また、聞こえ方の好みや快適さも様々です。
セイビドー は認定補聴器専門店で、認定補聴器技能者よる細やかな
カウンセリングを行なっています。また、お越しいただくことが
困難なお客様への出張販売・相談サービスもご利用いただけます。


01

補聴器づくりを始めましょう

1. ご来店で安心、出張でラクラク

 セイビドー 全店舗で補聴器のお取り扱いをしておりますのでお近くの店舗にお立ち寄りください。また、ご自宅まで専門スタッフが伺う出張サービスも無料で行っております。いずれの場合もお悩み、ご要望をお伺いし、聞こえにくい原因を探ると共に、何が必要なのかをお話しさせていただきます。

2. 聴こえの測定

 補聴器を調節するために必要なデータを取ります。特に、言葉の聞き取り測定は重要です。(補聴器を使用する前の言葉の聞き取りを調べます。)

3. 補聴器の選択と調整

 補聴器の使用目的、聞こえのデータ・操作性等を判断して補聴器機種を選定します。

4. 補聴器効果の確認

 補聴器をつけてみて、言葉の理解度や使用する場所の音環境を作って補聴器効果を確かめます。

5. アフターケア

 取扱いやアフターサービスについて説明します。日常生活で使ってみて不都合なことをメモしていつでもご来店ください。ご相談や調整データ・アフターケアは記録してありますので、安心です。

6. コンサルティング

 補聴器を使用すると聞こえの環境が変わります。聞き方や使い方をご指導します。話し相手の方にも話し方を指導します。


02

認定補聴器専門店の設備

     セイビドーでは認定補聴器専門店ならではの設備と技能者が
お一人お一人の症状やご希望にあった補聴器選びをお手伝いしております。
本店とラザウォーク店には常時専門技能者が在店しております。
また本店は特に認定補聴器専門店ならではの設備が充実しております。
調整、メンテナンスなどぜひお気軽にお越しください。


03

無料出張サービスも活用いただけます

     地域のみなさまに安心して利用いただけるよう、
セイビドーでは出張サービスを行っております。
おります。ご来店に不自由のある方、遠方に
お住まいの場合など、お気軽にお問い合わせください。
認定補聴器技能者がご自宅まで伺わせていただきます。
補聴器の購入のご検討、補聴器のメンテナンス、
アフターサポートなどお伺いさせていただきます。


04

認定補聴器専門店・認定補聴器技能者って?

     補聴器を利用して日常生活で聴覚リハビリテーションをしようとする方及びその家族に対してで適切なカウンセリングとアドバイスを行って補聴器を供給し、そのケアが実施できる店として、店舗の専門的設備や人的資格要件(認定補聴器技能者の常従)その他について、所定の基準を満たす店を全国補聴器専門店限定協会が認定したものです。(県内 3店)
<補聴器をお求めの前に、まず耳鼻咽喉科専門医で相談されることをお勧めします>

認定補聴器専門店には、「認定補聴器技能者」という資格を持つスタッフがいます。
これは、厚生労働省の指定法人である (財)テクノエイド協会が補聴器業界と関係医学界の協力を得て認定する資格で、補聴器の専門教育や様々な講習会、耳鼻咽喉科専門医の指導を受けながら、5年間の補聴器販売実務を経て、充分なケアができると認められたスタッフのみが受験できる資格試験です。また、補聴器を扱い上で、耳に関する医学的知識も必要です。
このため、耳鼻咽喉科の専門医との連携を持っています。


05

専門スタッフがお待ちしています

     認定補聴器専門店では、必ず対面でお相手いたします。
通信販売やインターネットでの補聴器購入は適正ではありません。
贈り物の補聴器では、気持ちは通じません。
一人一人に聴こえに合わせて調整しなければ役に立たないからです。
お店にて私達が親身になってお相手致します。
セイビドーでは、認定補聴器技能者が県内最大の4名在籍しており、
「聴こえ」の専門家として、お客様とご納得いくまで、
補聴器づくりからアフターケアまで永いお付き合いいたします。
どんな些細なことでもご相談下さい。スタッフ一同お待ちしております。


     認定眼鏡士SSS級と認定補聴器技能者の資格を活かしてメガネや補聴器をお求めのお客様のご対応をさせていただいております。特に、補聴器は皆さん進んで購入されにくるわけではないんです。半分は必要に迫られて仕方なく、という思いでいらっしゃいます。メガネと違って、ご家族の方に勧められてくる方が多いですね。ですから、お客様から「よく聞こえるようになったよ。ありがとう。」と喜んで頂けることがとても嬉しく、やりがいにつながります。

     まず、一番大切なことは、お客様のお話をよく聞くことだと思います。同じ症状でもお客様によって表現の仕方はさまざまです。お話をよく聞いて、じっくりと向き合い、信頼関係を築いていくことが大事なんです。補聴器というのは、調整が必要なモノですから、一生涯のお付き合いをさせていただくことが理想ですからね。

     そして、私たちの仕事は、実はとても医学と通じている分野なんです。眼も耳も大切な人間の器官ですから、本来は医学の知識やノウハウがないと対応が難しい場面も多々あります。その点、セイビドーでは豊富な経験を持ったスタッフが在籍しておりますので安心してご相談ください。お待ちしております。


06

補聴器の福祉制度

     聴力の状態によっては福祉制度を活用し、補聴器の購入が可能です。
聴力が著しく落ちてきたと感じたら福祉事務所へ相談の上指定の耳鼻科に行き、
聴力検査を行ってください。聴力が 3級 ~ 6級の範囲であれば、
障害手帳の交付が受けられます。
補聴器支給を受けるための申請をし、障害手帳を交付を受ける際
補聴器販売店名を伝え、その店舗で支給を受けたい旨を伝えます。
福祉事務所より指定業者宛てに、等級に見合う見積書の提出の依頼が来るので、
店側で補聴器交付基準価格表に基づいて見積書を作成いたします。
その後福祉事務所より正式な交付券が店側、お客様側に郵送されることで、
福祉制度価格が適応できます。詳しくはセイビドー店舗または
居住地の市町村の福祉事務所及び、福祉課・障害福祉課にお問合せください。